飛び込み営業断りのパターンベスト3



飛び込み営業断りのパターンベスト3

飛び込み営業、まずは、目標と使命感を持ち
マイナスプライドを捨て粘り強く、したたかに
目的達成する事、プラスプライドが大事です

営業を、すると必ずと言って断られます
大きく分けると次の3ケースに分けられます

1>受付やインターホーン越しで断る
2>面談の途中で断る
3>結論を保留する為の断る

営業方法で話上手は古いかもわかりません

飛び込み営業断られる仕事です

飛び込み営業量の多い人が成績残してます

最も多いパターンは、1>のパターン
まに合ってます、今忙しい、担当者がいない
代表的な断り文句です
その本音と言えば売りつけられるのがいや
話を聞くのがめんどくさい、どうせろくな話ではない
飛び込みセールスの先入観で断るケースが多い

その時の対応策としては
名刺にパンフレットを付けて、少しコメントを書き
次の日な来訪する

2>は、商品に魅力を感じない、始めから資料集めが目的
セールスマンの態度話し方が悪い
3のケース以外と多いです、話方が一方的、
専門的、抽象的分かりにくい商談、高圧的になり
顧客が不快感を、持つケースも有ります

顧客の表情態度をキャッチして、対応すべきです
一度断られると、それを覆す事はむつかしいです

3>面談者に決定権が無い、改めて出直すしかない
上司や商品を実際に使う現場の人をターゲットに
改めて来訪して下さい




飛び込み営業断りのパターンベスト3

飛び込み営業、断られて当たり前です、
結論を、急がずに一歩一歩です
諦めない事が大事です

今までのデーターでは、2回までは、訪問しますが70%
3回目の訪問になると3%しか訪問してません
これでは、難しいですね

seikousuruzokazu at 06:34│clip!飛び込み営業極意 | 飛び込み営業