朝倉千恵子のワークショップは、成功率の高さが学べます

私がトップセールスになれた理由の一つには、
飛び込み営業の成功率の高さがあります。

初対面で相手をその気にさせるコツを研究し、
身につけていきました。

自慢ではありませんが、断られて当たり前といわれる飛び込み営業で、
私は門前払いを食らったことがほとんどありません。

朝倉千恵子のワークショップで↓↓スキルUP出来ます
女性の営業力・コミュニケーションアップの極意を教えます


10件まわると、少なくとも6~7件は次回のアポが取れ、
新規の見込み客を開拓してきました。

飛び込み営業の経験をお話しすると、
受付の方が味方になってくれるので不思議がられます。

013656_li渋る担当者に対して、受付の方が会うように粘って
説得してくれたことも一度や二度ではありませんでした。

本来、突然訪れた人が時間を取ってもらおうとするのは失礼なことです。

なのになぜ受付が味方になってくれるのか?

もともと体力面で男性よりも劣る女性は、
人を見抜く本能が鋭いといわれています。
たとえば、誰が自分を守ってくれるのか、
誰が安全なのか、とても慎重に人を見ています。

初対面なのですから、仕事のできる、できない
なんてことは分からないはずです。
でも、わずかの立ち居振舞で、
彼女たちはそれを本能的に察知するんですね。

受付は、決して話の内容で判断しているのはありません。
その人物が醸し出す雰囲気と、
熱意・誠意などから感じ取っているのです。

本能的に「この人は大切にしなければ」と感じさせ、
担当者に取り次ぐだけの重要人物だと思わせれば、
受付の方はおのずと味方になってくれるのです。

突然の訪問にも関わらず、
私の味方になってくれようとしている受付の方に対して
いつも心底ありがたいな、と思っていました。




seikousuruzokazu at 07:28│clip!